あろえとかほりのヅカトーク

仲良し二人のゆるーいヅカトーク

ことなこ1周年記念!「ことなこコンビを語る」Vol.2

かほりです!ご無沙汰しております。

さて、去年の10月14日といえば、食聖エクレアの千秋楽翌日。つまり礼真琴様&舞空瞳様の「ことなこコンビ」がトップに就任された日でございます。

つまり、本日はことなこ就任1周年記念日でございます。

記念すべき今日、記事を書くなら…?「ことなこを語る」でしょう!
以前に一度「ことなこを語る」は出しているのですが、また違った視点で書きたいと思います。お二人が出会ってから今までの公演を振り返っていく感じで…!語るシリーズ第3.5弾とでも言っておきます笑

Vol.1はこちら↓

zukatalk.hatenablog.com

まずは『食聖』

前任の紅ゆずる様&綺咲愛里様の退団公演でした。あて書きにあて書きを重ねたような作品で、ことなこ的視点で見ると、プレプレお披露目でしたね。もはや。

クリスティーナは可愛いし、ロンロンも可愛い。なこちゃん、研4で、しかも初めてこっちゃんと絡むのに、ちょっと強めの高嶺の花的?役どころは難しかったでしょうね…。でも、初めて組んだらしい初々しさが逆に良い感じでした!料理対決に負けた後の銀橋のシーンが萌えでしかなかったし、新しいコンビの始まりだ!ってわくわくした記憶があります!熟年夫婦になってからのスピンオフが見てみたいカップルです。

エクレールブリアン』

食聖の後のショー。こちらは食聖ほどの絡みはありませんでしたが、パリの場面!待ってましたことなこデュエットダンス!!
ことなこが組むと分かったときから(なんならその前の予想の段階からかもしれませんが)、ものすごいダンサーコンビになるだろう、ということは容易に想像できました。

パリの場面は、とにかくなこちゃんが可愛いし、こっちゃんは風にしか見えないし、リフトは重力ゼロ。シンクロ率は120%。初めて劇場で観たときは緊張感とその美しさで息が止まるようでした。

ロックオペラ モーツァルト

プレ?お披露目。こちらは1本物でしたので、ダンスシーンはフィナーレだけかな?と思っていたら、本編でも何か所かありましたね!

パブで出会ったシーン。きわみジュースマイヤにピアノを任せたと思ったら、突然のシンクロダンス。モーツァルトとコンスタンツェらしく、とっても楽しそうに踊られてます。そして見どころは1幕ラストですよね。あれ、本家?では別にコンスタンツェ役の役者さんが踊るんじゃないそうです。別の女性ダンサーが出てきて踊るらしいのですが、ことなこでやるならそりゃあ舞空瞳に踊らせますわ。こっちゃんの歌と、なこちゃんのダンス。圧巻でした。私は生観劇は叶わず円盤を買って観たのですが、生で観劇していたらどうなっていたことやら。あんなの観て、幕間、立てる??

フィナーレは二人のトップコンビとしての初めてのデュエットダンス。お衣装も振り付けも最高すぎて溶けます。やっぱりなこちゃんはかわいい。こっちゃんはなんか余裕な感じで、嫁もらったからか?今までにない色気とか感じちゃったりもして。(ちょっと脱線しますが、私、1本物のお芝居のフィナーレって、お役を引きずるから好きなんですよ。ロクモだったらモーツァルトとコンスタンツェ。中でもだいきほのファントムが大好物です。)円盤には最後にご挨拶もついてるのですが、「モーツァルトとコンスタンツェ」から「礼真琴と舞空瞳」になってて、ご挨拶中のこっちゃんを見つめるなこちゃんの表情が愛くるしくて大好きです。

ロクモ長くなっちゃった…。

『眩耀の谷』

大劇場お披露目!2月は当日券に通いました…。まさかこんなことになって中断、9月まで続くことになろうとは思ってもみませんでしたが、素敵なお芝居でした。

トップお披露目でオリジナルの新作があてられることって、レアらしいんです。お披露目で集客するには演目で注目されなきゃいけないから、大作の再演とかが来ることが多いらしいです。ちゃんと調べてないので定かではないです汗。そんな中、オリジナルだったのが、だいきほお披露目『ひかりふる路』、そしてことなこの『眩耀の谷』。就任前から話題、トップコンビの名前だけでチケットが売れる、そういうことなんでしょうかね。内部のことは何もわからないですが……。

こっちゃん、素直な優しい青年で、心の底から良い人、って珍しいのでは。トップさんになられたってことですね…泣。

なこちゃんは盲目だし母だし、本当に役作り大変そうですよね。「わが子に会いたい…」っていうところ、映像とかオペラとかで見てるとすっごい震えてて、気持ちがめちゃくちゃ伝わってきました(盲目でも母でもない私ですが)。

お二人で歌われるシーンがあります。このお歌のハーモニーが、東京公演ですっっっごく綺麗になってたんです!!もちろん大劇場でも美しかったんですが、東京で観てから改めてロクモや大劇場の円盤を見返してみると、格段になこちゃんの歌唱力が上がってるんです。

え、このコンビ、ダンスだけじゃなく歌も歌えるの……!!

『Ray』

待ってました!ことなこのショー!!

開始早々爆踊り。以後、ほとんどのシーンで組んで踊られてますが、全部爆踊り。これについてくる組子もすごい。私的お気に入りは、プロローグと「Ray 夢」のシーン。
プロローグは言わずもがな、銀橋でみつるさんの方を向いてる姫を強引に引っ張って「俺だけ見とけよ」みたいなやつ(勝手に台詞付けましたごめんなさい)。大劇場の初日映像であれ見たときは失神するかと思いました。
Ray 夢は、ことなこがそれぞれ爆踊りするし、例によって礼さんは爆踊りからの歌うし、組んでからも爆踊りするし(あの狭そうなセリの上で…)、ことなこのためにあるようなシーンで大好物でした。

デュエットダンスは、ロクモと違って爆踊りではなくしっとりと、かみしめるような踊り。ことなこ、激しいダンスもこういうしっとりダンスも似合うって何事。高すぎるダンス力に脱帽です(私は一ミリもダンスはできません!)。

パレードの真っ白お衣装は結婚式かと思うぐらい尊くて、なこちゃんのかわいさに悶絶しこっちゃんの大羽根に感動しました。

 

これから、エルアルコン、ロミジュリと公演が続きます。ますます進化していくことなこコンビから目が離せません!!

最後になりましたが、もう一度!1周年おめでとうございます!!
(今日はケーキを食べて一人でお祝いします笑)

本日はいつも以上の長文となりましたが読んでくださりありがとうございました!